40年の技を次世代に繋ぐタオル職人

生産技術室室長 橋田

タオルを織る製織(せいしょく)では専用の機械、織機(しょっき)を使います。1本1本の糸を規則正しく織り上げる織機を動かすには専門的な知識が欠かせません。糸の結び方から、織機の整備・保全まで幅広い知識を有する熟練工の橋田室長。長年タオル業界で得た知見を次世代の若手職人へ継承する日々から見えるIKEUCHI ORGANICへの想いなどを語ってもらいました。

hashida_01

不器用な人間ほど、センスがあると思う
だから不器用で努力する人はいい職人になれる

――未経験の人が、機織りの職人として一人前となるにはどれぐらいの期間が必要でしょうか?

本人が必死に努力して10年。でもね、10年というのは僕たちの時代の話で、その頃5年間は機械を触らせてもらえなかった。糸を結ぶのと、油さすだけ。仕事も教えてくれない。仕事を自分の目で見て盗まないといけないので10年かかったけど、今は手取り足取り教えるやん、講習も行かすやん(職人志望の)人もおらんから。

昔なら5年か6年先になってからでないとやらないことを、今は2年目ぐらいからやらすやん。だから今なら一生懸命努力して、素直に人の言うことを聞く人で5年やね。引き出しは多くないけど日頃の作業は十分こなせる。そっから先は自分の努力で磨き続けていくしかない。

ただ、なあなあで、教えてくれんけん言う人は10年経っても…。やっぱり自分で考え、一生懸命聞いたことを実践する。素直に言うたとおりやっていく人が一人前になるのは早い。僕らも、30年40年やってきて自分がこの方が良いって思うことを教える訳やから、とりあえずそれをやってくれる人じゃないと伸びん。「いや、ワシ知らん」いう人は何年たっても育たんね。

hashida_02

――職人になる人はやはりセンス(適正)がある程度求められますか?

センスはね、僕もないんよ。センスあるないは絶対あるけど、努力である程度おぎなえる。みんなができることができるようになるのは、努力なんよ。それ以上になるのは、センスがいるけど。

不器用な人間ほど、センスがあると思う。不器用で、努力できる人というのはいろんなこと考えて、あんまり簡単にできるひとは考えないから。そして(その技術を)人に教えることができないから。自分が簡単にできるから、教えている時になぜここでつまづくのかがわからない。だから不器用で努力する人はいい職人になれる。だけどなかなかね、不器用な人ほど努力せんのよ(笑)

最初の半年はなんでそうするか理屈で考えるより、言われた通りするしかない。なんで 手が慣れてくると周りが見え出す。そのときに、横(糸)を見なさい、組織こうなってるって教えてく。でもそこができんと、何を見てもわかってないから。必ず糸結びはしたことないわけだから、毎日ちょっとでもいいから練習せいって言ってる。僕らも糸結びは習いはじめて10年間やったからね。

hashida_03

このタオルは8年使ってる
うちのタオルはね10年使ってもどうもないよ

――いつ頃、どのような経緯でIKEUCHIに入社されましたか?

1998年、18年前。今いるメンバーの中では一番古いね。以前居た工場長と面識があって、この人の下で働くならいいなぁと思って。(担当する織機の規模も)前は40台で今回は8台だから楽かなと思ったけど大変やった(笑)。

――橋田さんが好きなIKEUCHI ORGANICのタオルは?

季節によって変わるけど、冬場ならオーガニック316、ガッツリふける、はね返ってくるぐらいの弾力。夏場はバンブーだけどパレット(現在廃盤、販売中の後継アイテムはバンブー120)。大きさ的にこれぐらいでいい。何種類か持ってるんだけど。で、これがバンブーって素材がちょっと冷たいから夏場はこっち。

――今日お持ちになられたタオルはどれぐらい使われてるんですか?

もう8年

――まだまだ現役ですよね?

現役、どうともないよ。うちのタオルはね10年使ってもどうもないよ、ちょっと固くなるぐらいで。破れないしね。

hashida_04

とにかくみんなに言いたいのは
決まったことを続けてもらうこと

――あと2年で定年とのことですが、その間に伝えたいことは?

2年なぁ。2年後、とにかくみんなに言いたいのは、決まったことを良くも悪くもいっぱいあるけど続けてもらうこと。続けないといいやら悪いやらわからん。悪いなら悪いで続けよったら改善する余地がある。今まで通り自分の流れでできるのがいいけど、新しいことするいうのは良いも悪いもない。なんだかんだ支障が出てくる。けど、やってみるしかないんよ。何年間も続けてみて、いかんとこはいかんとこで(注:いかん=方言でダメの意味)直していくのが一番ベストで。

インタビュー2016年1月
取材・文/牟田口、神尾
フォトグラファー/木村 雄司(木村写真事務所)

ベテランタオル職人橋田さん オススメのタオルはこちら
・オーガニック316 バスタオル

あわせて読みたい関連記事

ラインナップ