IKEUCHI ORGANIC

  • TOKYO
  • KYOTO
  • FUKUOKA
  • IMABARI
10,000円(税別)以上のご購入で送料無料

HOME > コットンヌーボー2018

コットンヌーボー2018

コットンヌーボー2018

8年目のコットンヌーボー「やわらかく、力強い」ボリューム感

2011年にスタートした『コットンヌーボー』8年目のヌーボーは年号のデザインを刺繍から織りに一新。前年に収穫されたタンザニア産オーガニックコットンだけでつくるというコンセプトの中で、毎年新たなチャレンジを行っています。 コットンヌーボー2018はどのようなタオルになったのか、製作の総責任者であるIKEUCHI ORGANIC代表の池内に語ってもらいました。

池内代表コットンヌーボー2018を語る

――コットンヌーボー2018を使ってみた印象は?

池内:めっちゃくちゃしっとりしている。僕ら糸の情報しかなく、織り上がるまで(どういう風合いのタオルか)わからないので、ただ今年は非常に繊維長が長いところで揃っているという情報が来ていたので、まぁ良いだろうなと思っていたんだけど、今年はほんとにすっごくまだ織り上がった状態でいいですね。

――コットンヌーボー2018の一番大きな変更は?

池内:デザイン的には刺繍外して織りを入れたということが見た感じでは一番大きい。

――刺繍から織に変えた理由は?

池内:これは時代の流れがあって、コットンヌーボーを始めた2011年ごろだと、この2018と出す方法はタオルで繻子(しゅす)で出すという方法があって、(※)繻子で行くというデザイナーサイドの案もあったんだけど、繻子っていうのはタオルの風合いを良くしない。中高級品には良いんだけど、最高級品にはダメなので、刺繍でスタートしたのがコットンヌーボー2011の時代。それが8年目に入って今コットンヌーボーを買われるお客さんって、半分ぐらいの方が刺繍を入れるじゃない。刺繍って今は特別感ではなくて、パーソナルな特別感になっているのね。毎年ここに織りで入れたほうが特別感があるんじゃないかと、この方がこのまま使う方に素の状態で使える、っていうつもりで変えた(下記動画は、年号が織りで作成される様子)。

池内代表コットンヌーボー2018を語る

――コットンヌーボーも変わり続けることについて

池内:変わらないと進歩は無いので、ただ絶対僕が変えないというひとつの方針は、糸の密度そこは絶対いじると、続けている意味がないので、糸の密度は絶対変えない、その範囲内で進歩出来るところは進歩さそうと。

――100%ピュアオーガニックを実現したコットンヌーボーについて

池内:ピュアオーガニックは2016のとき「ピュアオーガニックにします」と2015年に発表して、その段階で白はOK、ブルーとピンクのオーガニックコットンのミシン糸も作ろうとして、作れることを前提に話したのに結果的には作れなかった。結局コットンヌーボー2016は白だけで作った。2017年は色を復活させるためにやむなく商品染めで色を出すということをしたんだけど、2018年は縫製糸のミシン糸も出来ることになっているので、白と全く同じ仕様で、ピンク、ブルーがピュアオーガニック100%で出せる。(ミシン糸は)最後のコンマ、ゼロ5%の話をしているところなんだけど、色糸のミシン糸が作られるのは多分業界でも最初のことだと思うので、これを皮切りに時間をかけて池内全体のミシン糸もオーガニックに変えていきたい。

※ヘム(タオルの短辺部分)に朱子織りで文様を出す方法

コメント動画も公開中

上記コメントを動画でも公開中です。約5分間、コットンヌーボー2018について、池内が語ります。



コットンヌーボーとは?

コットンヌーボー2018

取り組み

綿花は農作物だから、「毎年、風合いが違ってあたりまえ」 品質の違いを個性としてとらえたタオル

オーガニックコットンは、非常に繊細で、収穫量も不安定。原材料としては扱いにくく、年ごとに品質も異なるため、“均一で当たり前”と思われがちな綿製品には向いていませんでした。そのため、「風合いが違う」などクレームや返品に繋がることも。コットンヌーボーの取り組みは、今までデメリットと考えられてきた品質の違いを個性と考え商品価値にしてしまうという発想の転換からはじまりました。新たなタオルの魅力を掘り起こすという、まだ世界中のどこにもない取り組みが評判となり、今では毎年買い求めるコレクターや、2011年のスタート時から購入し、成人したら20年分のコットンヌーボーを子供にプレゼントしたい。という熱烈なファンも。

コットンヌーボーから生まれた井戸 毎年 1 本、20 年で 20 本。より良い暮らしを目指して

コットンヌーボーの売上の一部は、原材料のオーガニックコットン生産地であるタンザニアの井戸設置費用に活用されています。 乾季になると川が干上がり清潔な水を手に入れることが困難になるため、遠くまで水汲みに行くことを余儀なくされる地域が多くあります。私たちは、オーガニックコットンを栽培する生産者に感謝の気持ちを込めて、彼らの水衛生環境のインフラ整備のために毎年1本の井戸を寄贈しています。

コットンヌーボー2018 


18 件中 1-18 件表示 




コットンヌーボー2018 ホワイトボックスセット

コットンヌーボー2018 ホワイトボックスセット

価格11,880円(税込)

風合いの違いをワインのように愉しもう
年号入り 出産・結婚祝いに最適なタオル
2018はやわらかく力強いボリューム感


【2月11日お届け分・同梱不可】コットンヌーボー2018 ホワイト タオルハンカチ 1枚

コットンヌーボー2018 ホワイト タオルハンカチ 1枚

価格1,080円(税込)

風合いの違いをワインのように愉しもう
年号入り 出産・結婚祝いに最適なタオル
2018はやわらかく力強いボリューム感

コットンヌーボー2018 ホワイト ウォッシュタオル 1枚

コットンヌーボー2018 ホワイト ウォッシュタオル 1枚

価格1,620円(税込)

風合いの違いをワインのように愉しもう
年号入り 出産・結婚祝いに最適なタオル
2018はやわらかく力強いボリューム感

【2月11日お届け分・同梱不可】コットンヌーボー2018 ホワイト フェイスタオル 1枚

コットンヌーボー2018 ホワイト フェイスタオル

価格2,700円(税込)

風合いの違いをワインのように愉しもう
年号入り 出産・結婚祝いに最適なタオル
2018はやわらかく力強いボリューム感


【2月11日お届け分・同梱不可】コットンヌーボー2018 ホワイト バスタオル 1枚

コットンヌーボー2018 ホワイト バスタオル

価格7,560円(税込)

風合いの違いをワインのように愉しもう
年号入り 出産・結婚祝いに最適なタオル
2018はやわらかく力強いボリューム感

デビスカップマフラータオル

デビスカップマフラータオル

価格3,240円(税込)

在庫切れ



18 件中 1-18 件表示