本当のオーガニック

本当のオーガニック

人知なんてはるかに超えた、果てしない地球のエネルギーを全身にまとった、オーガニックコットンです。圧倒的な気持ちよさと、ゆるがない安心感。一度包まれたら、あなたはきっと、とりこになってしまう。IKEUCHI ORGANICのタオルは、そんなオーガニックコットンを使っています。一粒のコットンの種が一枚のタオルに生まれ変わるまで、私たちが関わる全ての自然環境と人々に対して誠実であること。全ての環境をピュアに整えてはじめて、本当に心地いい風合いを味わえる、オーガニックコットンです。

圧倒的な気持ちよさ

圧倒的な気持ちよさ

これまでのタオルの常識は忘れてください。オーガニックコットン100%。かつてない感動が訪れます。確かな吸水性と、裏切らない耐久性を兼ね備えた、圧倒的に気持ちいいタオルをつくりました。風のようにソフトなタオルから、ふんだんに糸を使ったボリューミーで贅沢なタオルまで。繊細な色のグラデーションも、鮮やかにデザインしました。あなたの好みにジャストフィットするタオルが、必ずあります。どれをとっても、とりこにしてみせます。あなただけのタオルを、探してください。

オーガニックコットンの3つの条件

オーガニックコットンの3つの条件

オーガニックという言葉には、本来の、あるがままのという意味があります。では、オーガニックコットンとは何でしょう。オーガニックコットンは、次の3つを条件としています。
1つ目は、3年以上農薬や化学肥料を使わない有機栽培で育てられていること。畑の土に残留する農薬が消滅するまでの3年間は、オーガニックと認めません。
2つ目は、遺伝子組換え種子でないこと。より早く、効率的に均質な綿花を大量収穫できるよう人の手によって遺伝子組換えされた種は、生産ラインから厳格に排除されます。
3つ目は、フェアトレードであること。コットンを生産する農家が、安全かつ衛生的な労働環境下にあり、正当な生活賃金が支給されていること、正当な価格で安定的に購入し続けることが条件です。
オーガニックとは、自然環境に対してのみ使う言葉ではありません。私たち人間も自然の一部であるという前提に立ち、全ての存在に対して本来あるべき関係を築くのが、オーガニックという言葉です。本来のコットン。オーガニックコットンをそう呼ぶ根拠となる3条件です。

人格を感じるものづくり

人格を感じるものづくり

社会的、経済的に弱い立場の人々に仕事の場をつくり、適正な価格で継続的に原料や製品を購入することで、生産者の生活改善と自立を目指す仕組み、フェアトレード。私たちは支援のためにタオルをつくるのではありません。正しいオーガニックコットンでタオルをつくっていたら、そこに自然とフェアトレードと呼ばれる関係があったのです。私たちは、オーガニックコットンを育てる農家たち、パートナー工場で生産に関わるすべての仲間たちに対して人格を感じてタオルをつくることを大切にしています。

ラインナップ