img_ikeuchitohito_top_04s

“イケウチのヒト” について

IKEUCHI ORGANICでつくられるタオルなどのファブリック製品たち。それらの原材料となるオーガニックコットンや染色での安全性について私たちはホームページをはじめ、様々な媒体やストアイベントなどで周知を行ってきました。代表である池内計司もテレビ、雑誌、WEBなどのメディアを通じてその想いを伝えています。

この様なIKEUCHI ORGANICの取り組みを支持頂いているファンの方に、もっとIKEUCHI ORGANICの事を知ってもらいたい。そんな時、まだ皆様に伝えていない事があることに気づきました。

それはIKEUCHI ORGANICで働いているタオル職人などの人々でした。タオルが製品化され、皆様の手に届くまでには、企画、機織り職人、縫製、検品、生産管理、品質管理、販売など様々なスタッフが関わっています。

池内タオルからIKEUCHI ORGANICへ社名変更をして2016年3月で丸2年。オーガニックな製品を世に送り出し、2073年の創業120周年には食べられるタオルをつくるという目標に向かう、IKEUCHI ORGANICの姿をこの連載“イケウチのヒト”でお届け致します。

総勢28名イケウチのヒトの声、ぜひ最後までご覧ください。

hashida_top_t

イケウチのヒト。連載初回はベテランのタオル職人、橋田室長。長年培った技術を若手職人に伝承しています。一人前のタオル職人への道のりやIKEUCHIのタオルについて語ってくれました。(上画像クリックで記事本文へ)