ウォッシュタオル特集

ウォッシュタオルとは? | ウォッシュタオル特集

ウォッシュタオルとは、ハンカチよりも少し大きめの約20~40cm×20~40cmサイズのタオルです。一般的なフェイスタオルのおよそ半分ほどの大きさで、ハンドタオルやミニタオルとも呼ばれます。ウォッシュタオルの命名は諸説ありますが、ウォッシュの名の通り、片手で持てて、身体を洗うサイズのものとして登場したと言われています。IKEUCHI ORGANICではおおむね、35cm角の正方形サイズのものを、ウォッシュタオルとして製造、販売をしています。

ウォッシュタオルのサイズ

▲ウォッシュタオルのサイズ



ウォッシュタオルについて、日常生活のどのようなシーンで使われているの? という質問もよく頂くので、今回は、シーン別ウォッシュタオルの使い方を中心に、オススメのタオルをご紹介したいと思います。

シーン1 キッチン周りで使うウォッシュタオル

▲京都ストア益田店長のキッチン周りでの利用法。

キッチンでは、水回りでの水はねや、レンジ周りでの吹きこぼしなど、水分をすぐ拭き取りたい場面がたくさん! そんな時にウォッシュタオルを一枚、Iマークのタグをひっかけて常備しておけば便利です。ふきんとしてなら、ワッフル地のI340もオススメです。

▲ワッフルはキッチンに最適(写真はフェイスタオルです)。

キッチン周りオススメアイテム


オーガニック520 ウォッシュタオル

オーガニック520

ソフトさを追求したタオル。手に触れたとき、思わずため息が出るようなやわらかい風合いでつくりました。規則正しく織られたパイルがつくる飾り気のないタオル。クッションのようにパイルがはずむタオルです。



オーガニック I 340 ウォッシュタオル

オーガニック I 340

やわらかく、薄くて軽い。でもふっくらと包み込んでくれる、オーガニックワッフルです。重すぎず、さっとふき取ってくれる使い心地は、とてもシンプルで、スマートで、使いやすい。この感覚は、やみつきになります。




シーン2:赤ちゃん・子供用に使うウォッシュタオル

赤ちゃんのスタイ代わりや、保育所、幼稚園のループ付きタオルとして使われるのもこのウォッシュタオルサイズ。赤ちゃんの敏感な肌には平織りのガーゼが最適です。

▲赤ちゃんのピュアな肌には舐めても安心なタオルを

赤ちゃんにオススメアイテム


オーガニック I 432 ウォッシュタオル

オーガニック I 432

さわやかで、気持ちいいガーゼ。コシのあるオーガニックコットンで、4重に重ねたガーゼタオルをつくりました。ふんわりと、空気を含むように織った組織はやわらかく、使い込むほどに、そのソフトさを増していきます。



幼稚園や保育園のループタオルにオススメアイテム


オーガニック 120 ウォッシュタオル

オーガニック 120

やわらかいのにみっちりとした手触り。やさしい風合いを保ったまま、何度洗濯しても色あせない・へたれない丈夫さを持ちます。保育園や幼稚園でのループタオル(お手拭きタオル)にしていただくなど、ヘビーユースにおすすめです。




シーン3:スポーツシーンで使うウォッシュタオル

ジョギングやスポーツジムでのトレーニングの際に、フェイスタオルじゃちょっと大きすぎ、タオルハンカチじゃ小さくて汗ふきには…。という方にはウォッシュタオルがオススメです。たたんでポケットに差し込めるサイズながら、大量の汗を拭きとってくれます。吸水力とサラッとした肌触りのバンブーシリーズがオススメです。

▲ジムワークではなるべく荷物にならないタオルが便利

スポーツシーンオススメアイテム


バンブー120 ウォッシュタオル

バンブー120

バンブーレーヨンが持つひんやりとした肌触り、接触冷感。なめらかなバンブーレーヨンのパイルの表面は、そのままヨガマットやタオルケットとしても使えるくらい爽やかな触り心地。べたつく汗も素早く吸収します。



バンブー220 ウォッシュタオル

バンブー220

オーガニックコットンの、圧倒的に気持ちいい風合い。バンブーレーヨンの、贅沢で上質なシルクを思わせる肌触り。緻密に織り上げられた1枚のタオルに、2つの素材の魅力を込めました。やわらかすぎず、なめらかすぎない感触です。



バンブー320

バンブー320

1枚のタオルで2つの風合いを楽しむ、全く新しいタオルです。オーガニックコットンがつくる、力強くも優しくやわらかい風合いと、バンブーレーヨンのすべるような艶のある手触りを、1枚のタオルに半分ずつ並べました。




シーン4:アウトドアシーンで使うウォッシュタオル

アウトドアにも携帯性の高さと十分な吸水量を誇るウォッシュタオルはオススメ。特に速乾性に優れる、ストレイツ2は一度使った後も、その乾きの速さで1日に何回も活用できます。荷物を最小限にしたいハイキングやキャンプにはもってこいです。旅人向けのグッズを作成するペーパースカイともコラボしました。

▲ペーパースカイとのコラボも! 引用元:https://store.papersky.jp/collections/originals/products/imabari-towel

アウトドアシーンオススメアイテム


ストレイツ2

ストレイツ2

色鮮やかな3素材が波模様を浮かび上がらせるタオルの表面。規則正しく織られたベースに、繊細な波のゆらめきを織り込んだ緻密な設計。3種類の異なる素材を大胆に配合することにより表現した瀬戸内海の表情を、多彩な色展開でラインナップしました。




シーン5:普段使いのウォッシュタオル

夏場では、カバンに1枚忍ばせておきたいウォッシュタオル。気温の高い屋外から冷房の効いた屋内へ移動した際に、汗が吹き出すことってありませんか? そんな時はウォッシュタオルできっちり汗をおさえて、いつも快適に過ごせるようにしたいです。

▲夏の外出は汗をかきます

普段使いのオススメアイテム


オーガニック120 ウォッシュタオル

オーガニック120

細部まできっちり、しっかり、真面目にタオルをつくります。オーガニック1は、よく水を吸い、よく乾き、気持ちいい風合いが長持ちする、私たちの永久定番。IKEUCHI ORGANICがつくるオーガニックコットンタオルの原点です。




いかがだったでしょうか? バスタオル、フェイスタオルに囲まれて普段その利用法に悩んでしまいがちなフェイスタオルですが、その機動性とそのサイズからは想像できないほどの吸水力で、快適な日常をアシストしてくれるスグレモノです。これをきっかけに、いろんな種類のウォッシュタオルを集めてみてはいかがでしょうか?